かかりつけの病院の先生のご機嫌伺い

小さい子供がいるので定期予防接種やちょっとした体調不良の時に連れて行く病院があります。

そこをかかりつけ医と決めた理由は、近い、平日夜7時までやっている、日曜祝日以外は毎日やっている、からです。

通い始めの頃は毎回午後イチの予防接種だけだったので気づきませんでしたが、先生のご機嫌モードが午後~夕方になるにつれ悪くなるのです。

ある日高熱が出たので、少し様子をみて夕方病院に連れて行きました。

院内は平日の夕方遅めということもあり、割と空いていたのですぐに順番が回ってきました。

診察室に入ると頭をボリボリ掻き顔をゴシゴシとこすり小汗をかいてなにやら不機嫌そうな様子・・・。

聴診器をあてるために服を脱がせようとしたら愚図って泣き始めたところ、先生は無言で手を止めました。早くしないと、と焦って服を脱がせなんとか診察してもらいました。

その後の処置も仏頂面で黙々と行い、「じゃ、熱下がらなかったらまたきて」と言われ帰されました。

別に医療行為に問題はなかったのですが、先生のイライラオーラにビビってしまいました。

そして2日後、なかなか解熱せず、やむを得ず再び受診するはめに。

今度は朝一番で来院したところ、すがすがしい顔の先生が。案の定ぐずってしまったのですが、今回はニコニコ笑顔で丁寧に診察終了。

そしてその後も早い時間に診察に行くと、やはりご機嫌な先生に会うことができました。

察するに先生は疲れが出てくる遅い時間は不機嫌になるみたいです。

小児科はただでさえ不足しているようだし、ほぼ毎日遅くまで一人で診察してるし、子供の泣き声もうるさいし、先生も人間だしイライラだってしちゃうよね、と同情心でいっぱいになりました。

先生、これからも元気に病院続けてください。

そして、診察は早い時間に限る、と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加