大型総合病院と個人病院

私も55歳になり、病院へ行く必要がでてきました。

以前は病院というと大型の総合病院へ診察にいっていました。

予約をいれ、受付を済ませ、待合で呼ばれるまで長い時間待って、診察は数分です。

それでもその日限りなので気にもしませんでしたが、年齢を重ねるにつれ、生活習慣病とやらで、健康診断にひっかかり、病院でみてもらうハメになりました。

私の場合は高血圧です。

同様の症状を持つ友人たちに話を聞くと、病院は月1回通い、くすりを出してもらうだけということです。

しかし毎月毎月長い時間を待って診察し、くすりをもらうことを考えるとイヤになります。

ある日仲のいい友人が、自分は総合病院へ行っていたが、毎月毎月長い時間がもったいないので、とある個人の専門病院に替えたということでした。

良く聞いてみると自宅の近所の病院でした。私もそこへいってみることにしました。

1回目は時間がかかるだろうと思いましたが、受付から診察まで10分たらず。
先生も親しみやすく気に入りました。

患者さんもそこそこ居るのですが、3人いる先生についているので皆待たずに呼ばれています。

現在、毎月通っていますが、予約も大まかな時間でいいですし、待たずにすぐ見てくれます。

設備もすべてそろっているし、なんといっても病気を見るのは人すなわち先生ですから、これから通う病院は、病院ではなく先生だと思いました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加