最適な病院は医療に要する時間や種類で決定を

ちょっとした身体の不調を感じた際に、それを詳しく病院で診てもらおうと決心した時、街のどのタイプの医療機関を利用するのかによって所要時間が意外と変わって来ます。

風邪に伴う軽度な体調不良など比較的原因がはっきりしており、かつ治療も容易な場合は、街の中央部にある総合病院は少々オーバースペックである場合が多く、むしろ身近なロケーションにある小規模な内科クリニックの方が適しています。

これらの病院は待ち時間も少なく、交通に関する負担も軽くて済むのです。

これを総合病院で診てもらおうとすれば、多くの受診者が集中する中で確実に待ち時間が掛かり、自由に動ける時間が減ってしまいます。

仮に特定の病状・症状に対しての治療のエキスパートである医師が常駐している場合、また総合病院にしか設置されていない科目を受信したいケースであれば、これは総合病院で直接受信するのがベストでしょう。

特殊な科目は扱う医療機関が少ない分受診者が集中し易く、待ち時間がある程度掛かる事は覚悟しなければなりません。

仮に他に同じ症状を扱っている評価の高い医療機関が存在している場合、転院を希望すれば担当医が紹介状を書いてくれるケースもあり、待ち時間等が実生活を圧迫する様なケースがあれば相談してみるのも良い方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加