患者の立場で見る医療事務スタッフへ望む事

私自身が患者として医療機関を受診した際、嫌な気分になった事は度々あります。
その殆どが受付の対応です。

医療事務がサービス業であるとは思っていない横柄な態度でビックリしました。
さらにビックリしたのは、その様な医療機関が複数あるという事です。
内容については控えますが、同業として残念に思います。

今は昔と違い医師にも感じの良さが求められる時代です。
医療事務が足を引っ張る形にだけはなってほしくないですね。

患者として医療事務に望む事は、分かりやすい説明と優しい口調、質問した事への理解と回答です。
もっと上を望むなら患者個人に適した医療サービスの事務的提案です。

以前、身内が入院した際に対応してくれた医療事務の方が、色々教えてくれたお蔭で医療費を軽減する事が出来ました。
優しくて、感じが良くて、知識があり、頼もしくて感謝の気持ちでいっぱいになりました。
当時、会社員として勤めていた私が医療事務に興味を持つきっかけとなった出来事です。(医療事務調剤薬局事務.com

人と接する全ての職業に共通しますが、相手を不快にさせる対応だけは最低限しないで頂きたいと思います。

現在は専門の相談窓口があり、相談員の方が対応してくれる病院も多いです。
医院・診療所等では、受付が対応することになりますので、誠意を持って接してほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加