医療事務 資格 一覧

NO IMAGE

医療事務の試験のためのおすすめ自作資料

私は三幸医療カレッジで保険請求事務技能検定試験を受けたのでその検定の意味と試験ポイントを簡単にご紹介したいと思います。 保険請求事務技能検定は保険知識の取得とレセプト業務の知識・能力の取得ができます。 保険の知識やレセプトを知っておくことは医療事務を行うにあたって重要ですし、知識があると仕事も円滑に行えます。 試験は実技と学科の2種類が行われますが、持ち込み可なので学科は教材でポ

記事を読む

NO IMAGE

病院での医療器具の値段

知り合いに医者や歯医者がいるのですが、病院での医療関係の器具は想像に違いなく高いそうです。 大きな病院に勤務しているお医者ならそういう事とも無縁かもしれませんが、知り合いのように街医者とかで開業しているとこの医療関係の購入したものを返済する額だけでも結構なものだそうです。 歯医者にしても開業するだけで診療台の椅子が1台何百万するとなると、小さい歯医者などでも3台くらいは購入するので車を

記事を読む

NO IMAGE

病棟の廊下にものを置いていない病院

私は、病院にお見舞いにいった時に、その患者さんが入院をしている病棟を見たとき、気づく事があります。 それは廊下を見た時に、その廊下にいろいろなものを置いていない病院は、素晴らしいと思っているのです。 時々、その廊下にものをたくさんおいている病院をみかける事があります。 そしてそのとき、患者さんの歩く通路であるということを、無視しているように思うのです。 入院をしている患者さんに

記事を読む

NO IMAGE

医療事務員でも人の死に立ち会うことは避けられない

医療事務の仕事をしていると「死」ということは無関係と思われがちです。 「死」というのは瀕死の患者様や長く入院されて余命いくばくもない患者様に関係します。 医師やナースが直接的に関わることと思っていませんか? でも医療事務員はどこで働いているのでしょうか? そこは「病院」です。 いつ、どこで、患者様が急変するかわからないところにいるのです。 病院内をのんびりお散歩している患者様が

記事を読む

NO IMAGE

大型総合病院と個人病院

私も55歳になり、病院へ行く必要がでてきました。 以前は病院というと大型の総合病院へ診察にいっていました。 予約をいれ、受付を済ませ、待合で呼ばれるまで長い時間待って、診察は数分です。 それでもその日限りなので気にもしませんでしたが、年齢を重ねるにつれ、生活習慣病とやらで、健康診断にひっかかり、病院でみてもらうハメになりました。 私の場合は高血圧です。 同様の症状を持

記事を読む

NO IMAGE

最適な病院は医療に要する時間や種類で決定を

ちょっとした身体の不調を感じた際に、それを詳しく病院で診てもらおうと決心した時、街のどのタイプの医療機関を利用するのかによって所要時間が意外と変わって来ます。 風邪に伴う軽度な体調不良など比較的原因がはっきりしており、かつ治療も容易な場合は、街の中央部にある総合病院は少々オーバースペックである場合が多く、むしろ身近なロケーションにある小規模な内科クリニックの方が適しています。 これらの

記事を読む

NO IMAGE

患者の立場で見る医療事務スタッフへ望む事

私自身が患者として医療機関を受診した際、嫌な気分になった事は度々あります。 その殆どが受付の対応です。 医療事務がサービス業であるとは思っていない横柄な態度でビックリしました。 さらにビックリしたのは、その様な医療機関が複数あるという事です。 内容については控えますが、同業として残念に思います。 今は昔と違い医師にも感じの良さが求められる時代です。 医療事務が足を引っ張る形にだ

記事を読む

NO IMAGE

自分で選ぶ病院、自分で選択する医療

自分として大きな病気は「子宮筋腫」です。 初めて、病院と向き合った病気だと思います。 「1つの病院ではなく複数の病院から選びなさい」という旦那の母からの受け売りで多くの病院を受診しました。 インターネットで手術件数や口コミなどを見て病院へ行きましたが、人気のある病院ほど診察の長蛇の列や手術待ちが見受けられたのです。 病院へ行く患者は1年も待つことは気持ち的に不安を感じせざる

記事を読む

NO IMAGE

3年前に、脊柱の手術を名城病院でしました。

私は、背骨の歪みが極端に悪くなり、3年前に脊柱の手術を、全国でも有名な名古屋の名城病院でしました。 13時間もの長い手術だったのです。 その間は全身麻酔の為、本人は全く意識はないのです。 でも麻酔からさめますと、手術前とは、身体の中はまったく変わった状態なのです。 背骨の歪みを立て直す為、チタンという金属で、支えます。 ボルトなども沢山背中に入っている様になりました。

記事を読む

NO IMAGE

医療事務として上手に付き合う女の職場

女性が活躍している職場として真っ先に名前が出るのが病院かと思います。 その病院の医事課に所属しているのが医療事務です。 医師は別として、看護師、看護補助(看護助手)、各療法士、薬剤師、検査技師などたくさんの職種の人が働いています。 女性の割合が多く、まさに女の職場です。 医療事務は他部署との連携も必要なため、各部署に仲の良い人がいると仕事もスムーズに進められます。 しかし、人数が

記事を読む

1 2